Background

 

Vol.2-1  自由

1981年暮れ。

長年お世話になったナガヌマサーフボードを辞めた。
サーフィンが日本でも大きな流行となり、ブランドの規模も大きくなった。
目まぐるしく流れる日々の中でのシェイプは時に自分を見失いそうにもなり、色々思う所があっての決心だった。

 明けた1982年初めて自身のブランド「STARVING surfboard」を立ち上げて独立をする。自由にデザインができることやシーズン毎にモデルを出したり、色々やりたい事を考えていると自然と気持ちが高ぶりやる気がでた。しかし月日も経過してくると熱い想いも喜びも現実と対峙することとなる。
以前から自分のシェイプに付いてくれていた人達はオーダーしてくれたものの、その他ではなかなか増えない。口コミだけでは限界があり、雑誌の広告を打つ資金があるわけもなかった。メジャーなファクトリーから離れれば必ず起こる問題なのは初めから承知していたが、ブランドを続けてゆくのはかなり厳しい日々だった。
ただ、そんな中でもオーダーには直接コミュニケーションを
とるスタイルは大事にしたかったので、そこは可能な限り貫いた。
今振り返ってみても、STARVINGはアンダーグラウンドな雰囲気が溢れるバリバリのローカルブランドであったと思う。

***********************

 自由と金欠が続いた82年も終わりに近づいた12月。ノースショアの季節だ。
シーズンに入ったノースはサーフィンのあらゆる事が集約される聖地である。
この年もノースへ行くためシェイプの合間に寝る間を惜しんでバイトをして金を貯めた。この年はほんとうに這いずる思いでオアフに行った記憶がある。そんな余裕の無さに加えて、ボードテストやニューモデル開発、自分のノースアタック。やらねばならない事は山積していた。しかもたった一人。さすがにこの時は『今やらないと後はないな』という雰囲気を全身に漂わせていたと思う。

そんなつらい日々が続いていたある日、日本から来ていたM先輩とばったり会う。この時は互いの近況や連絡先などを話して別れたのだが、その数日後にその先輩から突然電話が入る。

 「忠男、今からこっちへ来れるか?」

何ですかなんて聞く間もなく、まぁいいから早く来い、説明はあとでするからというばかりだった。取りあえず場所だけ聞いて急ぎ出向くと、会うなり先輩は

 「これからディック・ブルーワーのところへ行くからお前も一緒に来いよ」

実はこの先輩は日本に初めてブルーワーのボード持ち込んだ人だ。本人との親交も深く、日本人とディック・ブルーワーの関係はこの人抜きには語れない。
17歳の少年だった1972年にオアフでブルーワーにシェイプしてもらった時も、この先輩が仲介をしてくれた。あの時のサミーホークモデルこそ自分のサーフィンを変えたボードであり
シェイパーへといざなう礎になったボードである。あれからすでに10年が経つ。
もし再会が実現したら、もう単なるサーファーではなく、サーファー/シェイパーとして再会できる事になる。
先輩の言った言葉が頭の中で木霊のように何度も響きわたり心臓の鼓動も早くなった。
本当にブルーワーに会えるんだろうか?
はたしてあの時の17歳の少年を憶えているだろうか?

‘82−‘83 ウィンター、
R・ブルーワー46歳、
おれは
27歳だった。


Return "Background"

HOME

INAMURA Outside 1982 ------- Starving surfboard 5'11"Twin fin

Starving decal (一枚づつすべて手書き)